美容と健康な髪を育てるケアの秘訣

髪の毛の育成に力を入れる

綺麗な髪の毛を目指そう

これまでは、髪の毛を1回だけ洗っていた人が多かったと思います。 しかし正しいケアは、シャンプーの前に予洗いをすることだと覚えておきましょう。 またこの時にブラッシングをすると髪の毛が絡み、切れたり傷ついたりすることを防げます。 大事な工程なので、面倒でも省かないでください。

熱風は髪の毛にとってダメージになる

すばやく髪の毛を乾かすためには、ドライヤーが必要です。 しかしドライヤーから出る熱風が、髪の毛にダメージを与えるリスクがあると覚えておきましょう。 そこで、ダメージを少しでも緩和させる方法を試してください。 コツは、タオルやヘアオイルを使うことです。

どうしても悩みを解消できない時

毎日ケアをしても抜け毛を改善できなかったり、髪の毛のダメージが気になったりするなら、プロの力を借りましょう。 サロンには、髪の毛のケアや育成に詳しいスタッフがいます。 自分の髪の毛を見ながらおすすめトリートメントをしてくれるので、非常に頼りになる存在です。

シャンプーの前の予洗い

健康な髪の毛というのは、簡単に説明すると太くて丈夫な髪の毛のことを指します。
すると髪の毛のボリュームが多く見え、若々しい印象を周囲にアピールできるでしょう。
そのために、正しい洗い方を習得してください。
健康な髪の毛を育てるには、毎日のシャンプーが大事です。
またシャンプーの前にブラッシングや予洗いをすると、泡立ちが良くなり、汚れをスムーズに落とせると言われています。
2回も洗うのは手間に感じますが、髪の毛の育成に欠かせない行為なので実行してください。

髪の毛はドライヤーで乾かしますが、熱風を至近距離から当てないでください。
すると髪の毛や頭皮がヤケドをしたり、傷んだりしてしまいます。
10cmほど離した場所から熱風を当てるだけでも、髪の毛や頭皮を乾かせます。
またダメージを緩和させるためにタオルや、ヘアオイルを使うと良いでしょう。
さらに途中で、ドライヤーの温度を下げるのも良い方法です。
低温で水分を吹き飛ばすと、髪の毛が傷つく心配はありません。

ちなみにどうしても髪の毛のダメージを修復できない、うねりが気になるなどの悩みがあれば、サロンに行くことをおすすめします。
サロンでトリートメントを受けると、悩みをすぐに解消できるでしょう。
さらに自宅でケアする時のアドバイスをもらえるので、気になることを何でも聞いたり、自分の髪の毛の状態を見てもらったりしてください。
ただトリートメントは、定期的に受けることで効果が持続します。